タダリスタに危険性!?

    

バイアグラと呼ばれるEDジェネリック医薬品の通販・個人輸入の中でも人気のあるタダリスタ。人気急上昇中のタダリスタとは? タダリスタは、バイアグラ・レビトラとは違う主成分タダラフィルが有効成分のED治療薬で、服用後36時間まで有効性が認められることで人気を集めています。 バイアグラと同様のED治療薬であるタダリスタは、シアリスのジェネリック医薬品となります。現在病院で処方されているバイアグラジェネリックと異なり、シアリスのジェネリック医薬品であるタダリスタは、現在、通販・個人輸入でのみ入手が可能となっています。

シアリスのジェネリック?

上記で、タダリスタはシアリスのジェネリックと紹介済みですが、シアリスのジェネリックとはシアリスが先に開発された医薬品(先発品)で、シアリスと同じ有効成分で製造されたが、開発費などが大幅に削除された、シアリスのジェネリック医薬品がタダリスタとなるわけです。ジェネリック医薬品も先発薬と同様、安全性と有効性が認証されています。ED治療薬にはバイアグラを含めたたくさんのジェネリック医薬品がありますが、先発薬、後発薬と考えた方がピンとくるかもしれません。

ジェネリック

通販、個人輸入で入手するタダリスタには危険性が?

通販・個人輸入とは関係なく、タダリスタの危険性は、本剤服用開始前より血管系障害の危険因子を危険因子有されていた患者がタダリスタを服用した際に、心筋梗塞・心臓突然死・脳卒中などの危篤症状が発症したことがあるのです。 これらの症状が、タダリスタの服用によって発症されたものなのか、危険因子がもともとあったために起こってしまったのかは、特定することはできないと今の所はいわれています。

こういった危険性は、タダリスタのみでなく、シアリス、バイアグラ関係なくあるといえます。タダリスタを含むシアリス・バイアグラなどのED治療薬は、血流の流れをよくし、勃起を促すことから、血流の流れをコントロールしなければいけないような持病がすでにある方は、受診後の服用をお勧めいたします。

ジェネリック

通販・個人輸入に危険性?

最近では、バイアグラ・シアリスなどのジェネリック医薬品を取り扱う個人輸入代行業者が増えてきて、安価で治療薬が入手できる他、通院の手間もなく便利になってきていますが、便利さと危険性は背中合わせであり、特にバイアグラ・シアリスなどのED治療薬に関しては、日本人の体に合わせて作られていない海外ジェネリック医薬品は、成分量が違うためしっかりと判断してから入手しなければいけません。 その他にも、危険性が高いのは個人輸入代行業者を偽って、ニセ物を販売しているサイトなどです。 表記されている日本語がはっきりされていない場合は、危険性の高い偽物を販売している業者である危険性があります。個人輸入でタダリスタ・シアリス・バイアグラを購入されるということは、購入後は全て自己責任であるということを覚えておかなくてはいけません。

ジェネリック

シアリスのジェネリックは日本で処方されていない?

サイトなどでバイアグラを購入される方の中には、すでに病院などで処方されたバイアグラ、またはバイアグラのジェネリックを一度試してから次回分としてサイトで購入される方もいます。日本国内でED治療薬のジェネリック医薬品が認められているのは、バイアグラのジェネリク医薬品で、シアリスのジェネリック医薬品であるタダリスタは現在日本国内では、処方されていません。先発薬であるシアリスの特許がきれていないためです。ED治療薬がどういったものか知っておきたい方は、バイアグラまたは、バイアグラのジェネリックを試されてから通販・個人輸入で入手されても良いかもしれません。